2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

フォトコン入選履歴

  • 高原の光に包まれて
    へたくそながらも一生懸命撮ってきた足跡の一部として、フォトコンで入選した写真の主なものをピックアップしてみました。 *編集上、時系列になっていません。ご了承ください。

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ

コマドリ

2019年4月27日 (土)

誰もいない~コマドリ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村




 数年前に見つけたコマドリのポイント。昨年は、ここでその姿を確認することはできませんでした。今季は短時間ながら運よく初回から出合えました。誰もいない空間に、渓流の音に負けない力強さで響き渡るコマドリの囀りに、元気をもらいました!

 *画像をクリックすると大きくなります。

Dsc_9453cn_1_1




Dsc_9444cn_1

 

 

 

 

2018年4月21日 (土)

山麓深く~ミソサザイ・コマドリ


にほんブログ村


 久しぶりの山の奥で、ミソサザイ・コマドリなどと出合いました。

 *画像をクリックすると大きくなります。




 ミソサザイ。あちらこちらで気持ちよさそうに囀っていました。

Dsc_6528cn_2








 キベリタテハ。幼い頃の“憧れの蝶”の一つでした。

Dsc_6589cn_2








 コマドリ。

Dsc_6728cn_1


2017年4月26日 (水)

山麓深く~コマドリその2


にほんブログ村





 数羽のコマドリを確認することができました。しかし、いつも足を運んでいる別のポイントでは、その姿を見つけることはできませんでした。

 *画像をクリックすると大きくなります。

Dsc_2039cn_1






Dsc_2043cn_1






Dsc_2143cn_1

2017年4月24日 (月)

山麓深く~コマドリ


にほんブログ村


 今年も、コマドリに逢いに行くことができました。また足を運びたいです。

 *画像をクリックすると大きくなります。

Dsc_2154cn_1




Dsc_2010cn_1








Dsc_2049cn_1





Dsc_2100cn_1







Dsc_2197cn_1

2016年4月24日 (日)

山麓深く~コマドリその2


にほんブログ村



  御柱~インフルエンザ後、右足の踏ん張りが利きません。「じっと待つ」鳥見の時はいいのですが、そうでない場合もあり、先が思いやられます。一時的なものならいいのですが・・・。

 *画像をクリックすると大きくなります。

Dsc_8096cn_1



Dsc_7973cn_1







Dsc_8077cn_1





Dsc_7956cn_1_2

2016年4月22日 (金)

山麓深く~コマドリ


にほんブログ村



 いろんなことが重なり、時間的に余裕が持てない状態が続いています。私なりの経験則も活かして、密度の濃い鳥見を心掛けたいです。


 コマドリに合ってきました。

 *画像をクリックすると大きくなります。

Dsc_8085cn_1




Dsc_8049cn_1







Dsc_8011cn_1

2015年7月15日 (水)

夏~コマドリ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


 


 夏のコマドリを探しに行ってきました。この季節での出合いは、初めてのことでした。

 *画像をクリックすると大きくなります。

Dsc_7244cn_1






Dsc_7242cn_1

2015年4月26日 (日)

水を引く~コマドリ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


 毎年1回水路に水を引く「出払い」(地区作業)に参加しました。

 *画像をクリックすると大きくなります。

Img_1528cn_1


 昔は、住民の生活にとって、田畑を潤おす「水」は生命線でした。人・物・金をかけ、水路を切り開き、管理しました。今、その実用性は薄れましたが、水利権維持のために必要な作業とのことでした。

 


Img_1537cn_1








  午前中の「出払い」、水路に溜まった落ち葉などを払い除け、水を通していく作業は、思いのほか重労働でした。しかし、、心機一転、午後は山麓深く、コマドリ探しに出ました。3年前に見つけたポイントはほどよく涼しく、そこで一人腰を下ろし、缶コーヒーを呑みながら鳥を待つ時間は、とても心地よいものでした。

 

Dsc_2848cn_1








 帰り際、ようやく姿を現してくれたコマドリ。声量豊かなさえずりが、軽妙に響き渡っていました。


Dsc_2876cn_1


Dsc_2852cn_1







 

2014年5月23日 (金)

1500超~オオジシギ・コマドリ・オオルリ・キビタキ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

 最近撮った鳥たち。いずれも、標高1500mを超えた地点での撮影でした。

 *画像をクリックすると大きくなります。


オオジシギ  いつもなら、複数の鳴き声が聞こえ、容易に探せる時期のはずですが、そういう気配がまったくなく、やっとの思いで見つけた1羽です。こんな背景の中にポツンといるオオジシギの姿は、私の好みの一つです。

Dsc_6682csnn


コマドリ   緑が目立ち始めたこの時期の出合いは、私にとって初めてのことでした。

Dsc_6724csn

Dsc_6721csn


オオルリ・キビタキ  標高1500m超の場所での彼らとの出合いは意外でした。

Dsc_6703csn

Dsc_6716csn

2014年5月 3日 (土)

再会~コマドリ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

 コマドリ。ポイントが穢れる前に1度はと、スケジュールをやり繰りし、再会できました。

 *画像をクリックすると大きくなります。

Dsc_5367csn

Dsc_5321csn_3 

Dsc_5315csn_2

Dsc_5366csn_2

 朝の谷間は思いのほか薄暗く、シャッター速度が上がらず苦労しました。

 

その他のカテゴリー

アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオバズク アオバト アカウソ アカエリヒレアシシギ アカゲラ アカショウビン アカハラ アカモズ アジサシ アトリ アマサギ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イカル イカルチドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ ウグイス ウズラシギ ウソ ウミアイサ ウミネコ エゾビタキ エナガ オオカナダガン オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオソリハシシギ オオタカ オオハム オオバン オオマシコ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オシドリ オジロワシ オナガ オナガガモ オニアジサシ オバシギ カイツブリ カウンセリング カケス カシラダカ カッコウ カヤクグリ カラス カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリカイツブリ ガビチョウ キアシシギ キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キビタキ キョウジョシギ キレンジャク クイナ クサシギ クマタカ クロツグミ クロハラアジサシ ケリ コアオアシシギ コガモ コガラ コゲラ コサギ コサメビタキ コチドリ コハクチョウ コホオアカ コマドリ コミミズク コムクドリ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ ササゴイ サメビタキ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シマアジ シメ シロハラ ジョウビタキ スズガモ スズメ セイタカシギ セグロカモメ セグロセキレイ センダイムシクイ ソリハシシギ タカブシギ タゲリ タシギ タヒバリ ダイサギ チュウサギ チュウシャクシギ チョウゲンボウ ツグミ ツバメ トウネン トビ トラツグミ ドバト ノスリ ノビタキ ハイタカ ハギマシコ ハクセキレイ ハシビロガモ ハジロカイツブリ ハチクマ ハヤブサ ハリオアマツバメ ヒガラ ヒドリガモ ヒバリ ヒヨドリ ヒレンジャク ビンズイ フォトコン フクロウ ブッポウソウ ヘラサギ ベニヒワ ベニマシコ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホシガラス マガモ マガン マヒワ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミヤマホオジロ ムナグロ メジロ モズ ヤブサメ ヤマシギ ヤマセミ ユリカモメ ヨシゴイ ルリビタキ 囲碁 携帯・デジカメ 文化・芸術 旅行・地域 花・植物 蔵印・鏝絵 趣味 野生動物 野鳥 音楽 風景 鳥以外の動植物 ヨシガモ