2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

フォトコン入選履歴

  • 高原の光に包まれて
    へたくそながらも一生懸命撮ってきた足跡の一部として、フォトコンで入選した写真の主なものをピックアップしてみました。 *編集上、時系列になっていません。ご了承ください。

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ

音楽

2017年6月26日 (月)

慌ただしい休日~オオルリ


にほんブログ村


 昨日の日曜日、いろいろと予定が入り、慌ただしい休日でした。

 *画像をクリックすると大きくなります。

Dsc_6671ccn_1







Dsc_6720cn_1








Dsc_6783cn_1





 オオルリ。結構暗い場所でしたが、予定の合間に撮ることができました。そして、一日の最後は家族とのカラオケ。かなり久しぶりでしたが、ライブダムの精密採点で、何とか今回も90点をキープすることができました。

Dsc_0870cn_1




 

2015年12月 6日 (日)

12月~ベニマシコ


にほんブログ村





 昼間、仕事の合間に写真展(県展)を見に行きました。見応えがありました。

Dsc_0176cn_1_2





Dsc_0177cn_1




 母親が、『お菜(おは)』を漬ける準備をしていました。

Dsc_0172cn_1




 この日しかない、というわけで、昨夜は早くも我が家の忘年会でした。焼き肉の後のカラオケで盛り上がり、帰宅は1時過ぎ。それで、早起きして鳥見のはずだった今朝を棒に振りました。

 *画像をクリックすると大きくなります。

Dsc_0186cn_1_2








 久しぶりのカラオケ。歳とともに声の張りも減退気味ですが、それでもなんとか90点台をキープできました。

Dsc_0192cccn_1






 
 『STITT PLAYS BIRD』 (ソニースティット)

 最近買って、よく聴いているCDです。ジャズもいいです。『BIRD』とは、ジャズの世界ではモダンジャズの父”チャーリーパーカーの愛称であり、スティットがパーカーの曲をカバーした一枚です。ちょっとマニアックになりますが、スイングスタイルのジムホールのギターが、ビ・バップの疾走感にそぐわない等で、ややマイナーな一枚ですが、私にとっては、非常に聴きやすく心が晴れるCDです。

Dsc_0193cn_1

 この時期になると、ジャズを聴きたくなるのはなぜでしょうか。




 冬鳥が少しずつ増えてきているように思えます。ヌルデ(?)でしょうか。ベニマシコがその実を食べにやって来ていました。

Dsc_3213cn_1







Dsc_3211cn_1


Dsc_3201cn_1

2015年11月15日 (日)

あんべ光俊さんライブ~感無量!


にほんブログ村


 音楽のことは、このブログでも何度か記事にしてきました。しかし、あんべ光俊さんについては今回が初めてです。 と、書き始めてはみたものの、書きたいことや思いがありすぎて途方に暮れてしまいました。それらの多くは、この胸の奥に残したままにしておきます。

 あんべさんは、代表曲『遠野物語』やアルバム『Born to be Wild』で有名なシンガーソングライターであり、今は出身地である東北地方を中心に活躍しています。そして、私が最も敬愛する歌手であり、まさに「私の青年期はあんべさんの歌と共にあった」といえます。

 *画像をクリックすると大きくなります。

  私の“あんべコレクション”の一部です。30数年間聴き続けてきました。

Img_1781cn_1







 土曜日の昨日、地元長野県の飯田市で行われたあんべさんのライブに行ってきました。

 あんべさんを初めて目にしたのは、高3の時、松本で行われたオフコースのライブの前座ででした。もちろんお目当てはオフコースであり、当時あんべさんのことは全く知りませんでした。それでも、全身で吠えるように『12月の狼』という曲を歌ったあんべさんの姿は、今でも強烈な印象として残っています。それから、1984年の日比谷野音のライブなどに足を運び、私にとって今回が5回目の“あんべライブ”でした。
 

Dsc_0130cn_1

Dsc_0134cn_1_3






 

 これまでは比較的大きな会場でのライブで、あんべさんは遠い存在のままでした。しかし、今回は、小さな会場でのもので、私は最前列に座り、あんべさんとの距離3メートルくらいのところで見ることができました。

 還暦を過ぎたあんべさん、しかし、歌声は信じられないくらい若く美しいままのもので、私にとって最高のライブでした。また、終了後には、ほんの少しですが、お話しさせていただく機会も得、感無量でした。

Img_1786cn_1

Img_20151114_215437cn_1


 

 

 

2015年7月26日 (日)

継続は力なり

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

 年に1度だけ参加しているライブ。「これだけは、はずせない」という思いで、今年も参加することができました。気心の知れたメンバーを中心に何となく回を重ね、今年で8回目とのこと。次回以降につなげていきたいと願いつつ、オリジナルの曲を3曲、私なりに心を込めて歌わせてもらいました。

 *画像をクリックすると大きくなります。Img_1618cn_1


Img_1631cn_1






  今回に合わせて、新しい曲を1つ作りました。

  今春、鳥を桜と絡めて撮ろうと、湖畔の公園へ行きました。しかし、桜はきれいに咲き揃っていましたが、鳥が来てくれませんでした。そうこうしているうちに、雨が降り始め、「まいったなあ」と思いつつ、ふと、公園の隣にあるグラウンドに目をやると、その片隅にサッカーボールが一つ転がっていました。その情景からイメージを膨らませて作りました。

Img_1655cn_1_2






 「再来年の10回目に向けて、とりあえずまた来年よろしく!」と誓い合って、打ち上げを終えました。音楽もいいなあと、心から思えた瞬間でした。

Img_1647cn_1

2014年9月 4日 (木)

キースジャレットの色紙

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

Img_1309csn

 ジャズピアニストキースジャレットの直筆サインです。数日前押入れの片付けをした家内が、不要物として処分するつもりでまとめておいた物の中にあるのを、幸運にも救い出してあげることができました。この色紙、かれこれ30年近くも昔、確か東京のサントリーホールで行われたソロコンサートを聴きに行った際に入手したものです。その頃、私は東京に住んでいて、新橋にある会社に勤務していました。

  学生の頃からの数年間、ジャズに傾注していました。家庭教師や喫茶店のバイトで稼いだお金を、全てジャズを聴くために費やしました。のめり込むほどにいい機材がほしくなるのは、写真もジャズも同じです。アンプがSANSUIのAU-D907limited、スピーカーはダイヤトーンのDS501、そしてプレイヤーがケンウッドのKP-880DⅡ。定価だと合計で約40万円になり、当時の喫茶店のバイトが時給300円台でしたから、普通に考えてみれば、分不相応も甚だしいお金の掛け方だったに違いありません。

 キースジャレットは、好きなジャズピアニストの一人で、この色紙は、いわば“若き日の宝物”でした。しばらく、その存在を忘れてはいましたが、久しぶりに目にして、当時のことをいろいろ思い出すとともに、20年以上も前に自宅の隣にある土蔵にしまい込んだはずのレコードやオーディオ機器のことが気になり始めました。

Dsc_8243csn

 というわけで、気になり始めたら頭から離れず、確めずにはいられなくなりました。夜11時頃から蔵にこもり、若き日の痕跡探求は夜明け近くまで続きました。

 確認できたジャズ系のレコードは200枚余り。もう少しあったはずなのですが・・・。写真は、その中から見つけたキースジャレットのアルバム。一枚一枚に思い入れがあります。

2014年8月 3日 (日)

ちょっと充実~囲碁・ライブetc

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

  慌ただしい週末でした。

  子どもたちは夏休み。娘の友達のピアノ発表会に、娘の付き添いで行ってきました。

 きちんとした一礼に、こちらも背筋が伸びました。

 *画像をクリックすると大きくなります。

Dsc_8050csn





  夜は、毎年恒例のライブに参加しました。。今回は新しい参加者も多く、また、斬新なジャズも聴け、個人的にも、何とか間に合った新曲を披露することができ、打ち上げの“ノンアルコールビール”の喉越しも格別でした。

Dsc_8101csn

Img_1253csn


  そして今日は、久しぶりに囲碁の大会に参加しました。アマチュア選手権の地区予選。県大会への出場が決まる対戦で、昨年の県大会覇者Tさんに勝つことができました。感激!

Img_1255csn

Img_1261csn


 
 反面、鳥見の方は、ここ数日なかなかいい結果が得られません。今後に期待です。

2013年12月 8日 (日)

16万分の2千~小田和正クリスマスの約束

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

  初めてオフコースのライブに行ったのは、高2の時、松本市民会館でのそれでした。大ヒット曲「さよなら」が出る前のことです。あれ以来、オフコースや小田和正のライブにはかなりの回数行きました。

Dsc_6325cs

 D610

  そして、「クリスマスの約束」。2001年の初回から、毎回欠かさず見て、全て録画保存してあります。最初の頃のはビデオテープでした。歴史を感じます。今年は、収録観覧に応募してみましたが、落選でした。2千人の観覧枠に応募者は16万人でしたから、仕方ありません。

 今回はミスチルの桜井和寿と吉田拓郎が参加します。あの伝説のメドレー『22分50秒』のあった2009年を凌ぐとも劣らない、感動的なクリ約になりそうで、今から楽しみです。放映は12月25日深夜です。是非ご覧ください。

 詳細はこちらです。→http://www.tbs.co.jp/hot-jyouhou/201312051550.html


 今日は、先週に引き続いて囲碁の大会に参加しました。

Img_0964cs

 大きな大会ではありませんでしたが、それでも優勝は嬉しいです。

Dsc_6333cs_3

2013年8月 5日 (月)

そういえば・・・8月~ノビタキ・ホオアカ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

  そういえばもう8月。鳥見に行く機会がなかなか得られません。いつも出ているアマチュア囲碁選手権も今回は無念の欠場。そんな中、毎年この時期にやっているライブは、今回もお誘いいただき、“万障差し繰り”参加させていただきました。

 私はといえば、練習不足?で、途中からアカペラになってしまった曲もあり冷汗三斗!しかし、楽しいひと時でした。

Img_0835csn

 高原は、もうそろそろ秋の風情でしょうか。7月の思い出。ニッコウキスゲにノビタキ・ホオアカです。

 *画像をクリックすると大きくなります。

Dsc_0012csn_2

Dsc_0094csn_3

Dsc_0385csn_2

Dsc_0122csn_2

2013年7月14日 (日)

感動~中村中

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

 『朝日のあたる村音楽祭』へ、家族と一緒に行ってきました。二日間で20ユニット程が出演する野外ライブでしたが、私のお目当ては中村中(あたる)でした。

 *画像をクリックすると大きくなります。

Img_0800cs

  最後に歌ってくれた“入魂”の名曲『友達の詩https://www.youtube.com/watch?v=Q5jWvDtTTsw&feature=player_detailpage』に、年甲斐もなく号泣。よかったよかった!

 このライブを紹介してくださったNさんに感謝。




Img_0814cs

 ライブ会場のすぐ近くにはこんな場所も。美しい村でした。

2012年7月28日 (土)

夏ライブ~心がほんわかあたたかくなるかも・・・

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

 今回で5回目となる夏ライブ『心がほんわかあたたかくなるかも』に参加しました。場所は、毎年恒例のライブハウス「FIVE PENNIES」。9ユニットによる、3時間を超える演奏は、どれも大変聴きごたえ・見ごたえがありました。

 それぞれが、自分の歌いたい曲を決め、一生懸命練習し、精一杯歌う。いろんなジャンルの曲あり、上手い下手あり?、失敗もあり、そして時には同じ曲もあり・・・。それでも各ユニットのオリジナリティーあふれ心のこもった演奏は、見る者聴く者をがっかりさせることなどけっしてあるはずがありません。今年もまた大変素晴らしいライブになりました。

 初回からこのライブの企画の中心で頑張ってくださっているKさんにSpecial Thanks!

 *画像をクリックすると大きくなります。 

Dsc_0597cs

その他のカテゴリー

アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオバズク アオバト アカウソ アカエリヒレアシシギ アカゲラ アカショウビン アカハラ アカモズ アジサシ アトリ アマサギ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イカル イカルチドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ ウグイス ウズラシギ ウソ ウミアイサ ウミネコ エゾビタキ エナガ オオカナダガン オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオソリハシシギ オオタカ オオハム オオバン オオマシコ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オシドリ オジロワシ オナガ オナガガモ オニアジサシ オバシギ カイツブリ カウンセリング カケス カシラダカ カッコウ カヤクグリ カラス カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリカイツブリ ガビチョウ キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キビタキ キョウジョシギ キレンジャク クイナ クサシギ クマタカ クロツグミ クロハラアジサシ ケリ コアオアシシギ コガモ コガラ コゲラ コサギ コサメビタキ コチドリ コハクチョウ コホオアカ コマドリ コミミズク コムクドリ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ ササゴイ サメビタキ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シマアジ シメ シロハラ ジョウビタキ スズガモ スズメ セイタカシギ セグロカモメ セグロセキレイ センダイムシクイ ソリハシシギ タカブシギ タゲリ タシギ タヒバリ ダイサギ チュウサギ チュウシャクシギ チョウゲンボウ ツグミ ツバメ トウネン トビ トラツグミ ドバト ノスリ ノビタキ ハイタカ ハギマシコ ハクセキレイ ハジロカイツブリ ハチクマ ハヤブサ ハリオアマツバメ ヒガラ ヒドリガモ ヒバリ ヒヨドリ ヒレンジャク ビンズイ フォトコン フクロウ ブッポウソウ ヘラサギ ベニヒワ ベニマシコ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホシガラス マガモ マガン マヒワ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミヤマホオジロ ムナグロ メジロ モズ ヤブサメ ヤマシギ ヤマセミ ユリカモメ ヨシゴイ ルリビタキ 囲碁 携帯・デジカメ 文化・芸術 旅行・地域 花・植物 蔵印・鏝絵 趣味 野生動物 野鳥 音楽 風景 鳥以外の動植物 ヨシガモ