2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

フォトコン入選履歴

  • 高原の光に包まれて
    へたくそながらも一生懸命撮ってきた足跡の一部として、フォトコンで入選した写真の主なものをピックアップしてみました。 *編集上、時系列になっていません。ご了承ください。

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 森の奥~クロツグミ | トップページ | 朝の光~オシドリ・カワセミ »

2013年6月 2日 (日)

獲物と~カワセミ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

 久しぶりに、カワセミのポイントへ。

 *画像をクリックすると大きくなります。

Dsc_3837csn

 

 くわえて持ってきた獲物は、カワセミにとっては少し大きめなドジョウでしょうか。梢に何度も叩きつけて弱らせてから、ゆっくり飲み込みました。

Dsc_3826csn

Dsc_3822csn



  何はともあれ、今年もこの場所にカワセミが来てくれることを確かめることができ、一安心です。息を呑むようなシーンに出合えたらいいのですが・・・。

Dsc_3863csn

« 森の奥~クロツグミ | トップページ | 朝の光~オシドリ・カワセミ »

野鳥」カテゴリの記事

カワセミ」カテゴリの記事

コメント

カワセミいいですね。
島田忠のカワセミの写真集を遠い昔に買って、バードウォッチングにハマりました。
ハンティングをするのはくちばしの黒い雄だけなのかと思っていました。
雄が獲ってきて、頭の方から雌に差し出す仕草がとっても印象的でした。

うちの近所でもたまーに見かけることもあるんですが、
ずっといてくれるように自然が維持されてくれるといいな。

 カワセミ、最近は都会でも数多く見ることができると聞きます。数は多くなっても魅力的な鳥に変わりはないなあと思います。そして、その魅力の追求に終わりはなさそうです。

こんにちは。
そのカワセミのポイントはたしかヤマセミの繁殖地でしたが最近はどうですか?ここ二、三年つがいを見ない及び子供を育てていないと言う話を聞いています。その場所は丁度今までであれば抱卵の時期のはず・・・。

 環境の変化に応じて、鳥たちの生息実態も移り変わっていくものですね。陰をひそめた鳥も、やがてまた姿を現したり・・・。そんな“栄枯盛衰”を少し時間をかけて観察し続けていくのもいいかもしれません。

 *ブログの性質上、いただいたコメントを一部削除・訂正させていただきました。どうかご了承くださいませ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 獲物と~カワセミ:

« 森の奥~クロツグミ | トップページ | 朝の光~オシドリ・カワセミ »